予防歯科

あなたの歯は生涯の大切な財産

石井クリニックでは
そんなあなたの歯を守ります

お問合せ
医療法人 石井クリニック歯科医院
大阪市北区天神橋5丁目3番7号
TEL:06-6357-3310
MAIL: dental@ishiimedical.com

歯ぎしり治療



朝、目が覚めた時に、鈍い頭痛やあごの周りの痛みを感じたことはありませんか。
ときどき自分が無意識に歯を食いしばっていることに気付いたことはありませんか。
このような経験がおありの方はそれが歯ぎしりです。。
歯ぎしりの悪影響
  1. ①歯の噛み合わせの面が削れる(咬耗といいます)。
  2. ②歯がグラグラする。
  3. ③歯や歯茎に違和感や軽い痛みを感じる。
  4. ④顎関節症になりやすくなる。
  5. ⑤肩こりや頭痛の原因になる。

歯ぎしりの悪影響が体に起こってしまう前に適切な治療をお勧めします。

歯ぎしりの治療法

  1. ① 咬合治療法 歯ぎしりを悪化させると言われている「咬み合わせ」を調整します。歯の欠損があればそれを補填します。
  2. ② スプリント療法 歯の型を取ってそれを元にスプリント(別名ナイトガード、寝るときにしておくマウスピースのことをいいます)を作ります。それを寝ている間に口の中に入れて置くことで歯ぎしりを緩和し、歯や顎を保護することが出来ます。
マウスガードとは?

マウスガードとは、口やあごなどへのケガから保護するだけでなく、実は全身運動時にマウスガードを 装着し、咬みしめることで、首周りの筋肉の活動力を上げることが出来ます。首を少しでも強く固定す ることで、脳へのダメージを軽減したり、頚椎の損傷を軽減させる効果が期待出来ます。
  1. マウスガードの効用
  2. ・ 歯の破折、脱臼の予防
  3. ・ 顎関節の保護
  4. ・ 脳しんとうの予防
  5. ・ 唇及び口内の裂傷予防
  6. ・ 顎の骨折防止
  7. ・ 首周りの筋肉の活動力UP
  8. マウスガードはさまざまなカラーを取りそろえております。(約30 種類)